形見分け品を仕分けて札幌の遺品整理業者に依頼する

悲しみが癒えない中での作業

故人の葬儀が終わって49日の法要が行われるまでに、遺品整理を行うのが一般的になっています。故人の思い出が詰まった遺品を整理するのは、なかなかつらい作業です。思い出に浸ってしまいなかなか整理ができないといった人もたくさんいます。特に年が若くして亡くなった人などは、家の中に仕事関係の遺品もたくさんあって、これらの遺品を処分してよいものかどうか悩む人もいます。また49日の法要の時には故人が親しくしていた人や、親せきに形見分けを行わなければなりません。 遺品整理はまだ悲しみが癒えないときの作業になりますので、大変な作業になります。

仕分けを効率的に行う

仕分けをすることで遺品整理を効率的に行うことができます。遺品を保存しておくものと、寄付するもの、処分するものと返却するもの、形見分け品にするものに分けていきます。手帳や日記、故人にあてた手紙などは、処分してもよいと判断できるまで保存します。権利関係や賃貸関係の書類は数年間は保管します。本や衣類など未使用だったり傷みがないものは、寄付をします。傷みが出ているものなどは処分をしてしまいます。 仕事で使用していた鍵や社員証、書類や制服などは会社に返却します。指輪や時計などの装身具や骨董美術品、収集品など形見分け品として使用できるものは、別に仕分けておきます。

年長者には送らないのがマナー

形見分け品は年長者にはしないことが、一般的になっています。ですが遺言などがあれば、年長者にも送っても構いません。また形見分け品は、送る相手によく確認して受け取ってくれるか意思を聞いて送るようにしてください。最近は49日法要の時に形見分けの商品を購入して、それを親せきや知人に送って形見分けとする人も多くなってきています。 また形見分け品が貴金属などの高額なものになれば、贈与税が発生する可能性も出てきます。送る相手に迷惑がかからないようにすることが、形見分けのマナーになっています。

専門業者に依頼するのも方法の一つ

遺品整理は大変な作業です。最近ではこの作業を専門的に行ってくれる業者も数多く札幌にはあります。このような業者に依頼して遺品整理を行うのも、効率的に作業を進めていく一つの方法になります。あらかじめ仕分けを行って業者に処分をするものと、形見分け品を仕分けておいてから依頼するようにしてください。そうすればなお一層効率的になります。 札幌の専門業者の中には、古物商の免許を持っていて、傷みが少ない遺品ならば買取も行ってくれる業者もありますから、不要になってしまった遺品もお金になることがあります。

 総合受付 0120-905-623

古物商許可証北海道公安委員会第101020001889号

遺品整理士第IS09328号

貨物軽自動車運送事業


【Sapporo Partners Group】

遺品整理・生前整理
遺品整理・生前整理
不用品回収・引越ゴミ処分
不用品回収・引越ゴミ処分
外壁屋根塗装・リフォーム
外壁屋根塗装・リフォーム

出張買取・ネットショップ販売
出張買取・ネットショップ販売
オイルトリートメント・ボディケア
オイルトリートメント・ボディケア