札幌で遺品整理の負担をかけたくないなら生前整理を

自分らしく生きるための活動

今後の人生を快適に過ごすために行うのが生前整理になります。財産をまとめて不用品を処分することが、残された遺族への負担を減らすことにもつながってきます。最近メディアでも大きく取り上げられている終活。これは人生の終わりのための活動の略称で、人生の最後を迎えるにあたって行うべきことを総括したものです。 終活が注目され始めた当初は葬儀やお墓など人生の終焉に向けての事前準備という意味でつかわれていましたが、昨今は人生の最後を考えることを通して自分らしく生きるための活動として用いられることが多くなってきました。この終活の一つとしてあげられているのが生前整理になります。

普段から話し合いをしましょう

仕分けをすることで遺品整理を効率的に行うことができます。遺品を保存しておくものと、寄付するもの、処分するものと返却するもの、形見分け品にするものに分けていきます。手帳や日記、故人にあてた手紙などは、処分してもよいと判断できるまで保存します。権利関係や賃貸関係の書類は数年間は保管します。本や衣類など未使用だったり傷みがないものは、寄付をします。傷みが出ているものなどは処分をしてしまいます。 仕事で使用していた鍵や社員証、書類や制服などは会社に返却します。指輪や時計などの装身具や骨董美術品、収集品など形見分け品として使用できるものは、別に仕分けておきます。

新しい生活を楽しむため

生前整理をすると思い立っても、何から手を付けていいのかわからないといった、札幌の人たちも多くいます。必要性を理解していても暗いイメージが付きまとってしまい、積極的になれない人もいます。自分の死後に行う遺品整理ではなく、これからの生活のための整理という気持ちで取り組むことが大切になってきます。これは遺品整理ではないという、考えをすることが重要です。 懐かしい思い出に浸りながら片づけると、人生の振り返りにもなり楽しみながら整理を行うことができます。身辺の整理ばかりではなく、気持ちも軽やかにして新しい生活を楽しむことが重要になってきます。

遺品整理の負担をかけない

これからの生活を快適にするためにも、なるべく不用品は処分しておきたいものです。ですが長い間使用した家財道具や衣類などを必要、不必要と判断するのは難しいことです。まずは長い間使用していないものは捨てる、なくても生活に支障が出ないものは捨てるというように自分の中で条件を設定しながら、不用品を選別していってください。一度不用品と判断したものには、未練を残さない思い切りも必要になってきます。 これらの整理を行っていると自分が死んだあとでも、家族に遺品整理の負担をかけることはありません。

 総合受付 0120-905-623

古物商許可証北海道公安委員会第101020001889号

遺品整理士第IS09328号

貨物軽自動車運送事業


【Sapporo Partners Group】

遺品整理・生前整理
遺品整理・生前整理
不用品回収・引越ゴミ処分
不用品回収・引越ゴミ処分
外壁屋根塗装・リフォーム
外壁屋根塗装・リフォーム

出張買取・ネットショップ販売
出張買取・ネットショップ販売
オイルトリートメント・ボディケア
オイルトリートメント・ボディケア